化粧水の効果と使用法

洗顔後の肌は汚れを落とすと共に、保湿に必要な成分や油分も落ちてとても不安定な状態になっているので、その素肌に化粧水をつける事で肌や角質層を整えて水分を保持する効果があります。

そしてその効果により美容液や乳液などが浸透しやすく、肌に潤いを与える事が出来ます。

これからはビタミンC化粧水について考察してみましょう。

しかし化粧水の水分は肌の内部に蓄えるわけではないので、つけた時だけ効果を発揮しますので、つけすぎは肌の乾燥を招き毛穴が開きやすくキメが乱れる原因になりますので、必要以上につける必要はありませんが、化粧水の最大の効果は洗顔によりアルカリ性に傾いた肌状態を、本来の弱酸性に戻すという役割をはたしてくれるので、化粧水はつけても意味のないものではなく基礎化粧品には欠かせない物で、これをつける事で肌の保湿や潤いが保たれます。


洗顔後に何もつけずに放置しておくと肌の表面にある角質層から水分が蒸発しやすい状態になり乾燥しやすい肌になるので、洗顔後の水分をタオルで優しく拭き取ったら3分以内に化粧水をつける事が最も効果的です。

OKWaveの欲しい情報が手に入りました。

近年では効能や金額または自分の肌状態に応じて数多くの商品が市販されていますが、成分の90%は水で残りの数パーセントの成分が肌や角質層に重要な役割を果たします。

また種類も美白用、ふき取り用、ニキビ用、アルカリ性やボディーローションなど様々な物があるので、用途により自分に合った商品を選んで、毎回の洗顔後の素肌につける事で肌の潤いを保つ事が出来ます。